運勢アップコラム

悪い運勢の時にするべきオススメな方法を探っていこう!

コラム11

悪い運勢結果でも気にしないこと!

たとえ悪い運勢結果が出たとしても、落ち込むことはありません。なぜなら100%その様な未来が訪れるとは限らないから。結果は「絶対」ではありません。

自分の行動次第で、違う未来になる可能性だってあるのです。もちろん悪い未来にならないように注意することは必要ですが、必要以上に気にしすぎないようにしましょう。

結果を気にしすぎると、ちょっと悪いことが起こっただけで「運勢が悪かったからだ」と思ってしまいがち。自分が原因のケアレスミスでさえ、運勢のせいにしてしまうかもしれません。

すると更に気持ちがふさぎ込んで不運を呼び寄せてしまうため、悪循環に陥ってしまうでしょう。

あまり気にしないで、前向きに結果を受け止めることが大切です。「人生にはこんな時もあるさ」と割り切ってしまいましょう。

2016年は自分の運勢のバイオリズムを知ろう

テレビの占い結果でも良い時と悪い時があるように、運勢には上がっている時期と下がっている時期があります。それは一定の間隔で交互に繰り返すもの。

たとえ悪い運勢だという結果が出ても、ずっと続くわけではありません。まずはそのことをよく心得ておきましょう。

そしてより良い未来を迎えるためには、自分の運勢のバイオリズムを知ることが大切です。いつ運気が良くなるのか、いつ頃までそれが安定するのかを知れば、行動を起こすべき時や持続させるべき時などの時期がわかるでしょう。

物事をスムーズに進めるための計画が立てやすくなるため、より良い結果を得ることができるはずです。運気の流れを知ることで、望み通りの未来を迎えることができるでしょう。

そのために、2016年は自分の運勢のバイオリズムを確認してください。

運勢が悪い時は自分の力を蓄える時期と思うこと!

人生には、「その時期にふさわしい行動」というものがあります。たとえばまだ実力がついていないのに大会やコンテストに挑戦するのは無謀だと言えるでしょう。

運勢も同様で、行動を起こすべき時とじっとしているべき時に分けられます。運勢が悪い時は、まだ行動を起こすべき時ではありません。

自分の力を蓄えたり技術を磨いたりするべき時期です。早く行動したくて焦るかもしれませんが、今は水面下で実力を養う時期だと割り切りましょう。

時が来れば、今の努力の成果を見せるチャンスが必ず訪れます。その時に努力不足で失敗することのないように、今はしっかりと力をつけることに専念してください。

「未来のため」と考え、行動することによって一発逆転を狙うことも可能となるでしょう。運勢が悪くても前向きに捉えることが大切です。