仕事運アップ

猿田彦神社に行けば、特に芸能関係の運気がアップ出来ます!

saruda

芸能関連の運気アップが望める猿田彦神社について

猿田彦神社の歴史

猿田彦神社の境内で本殿と向かい合うように建っている佐瑠女神社(さるめじんじゃ)では、アメノウズメノミコト(天宇受売命)を祀っています。アメノウズメノミコトは日本神話に登場する女神で、踊りが上手いことで有名です。

神話では、スサノオノミコトが高天原(天の神々がいるところ)で乱暴を働いている様子を見て、姉であるアマテラスオオミカミは「何か理由があるのだ」と彼をかばいます。

しかし、とうとう彼女自身にも危害が及んでアマテラスオオミカミは天岩戸という洞窟に閉じこもってしまいました。

太陽神である彼女が引きこもったことで高天原も葦原中国(大地)も闇に包まれ、さまざまな禍が起こったため、八百万の神々は何とか彼女を天岩戸から出せないかと色々な儀式を行います。

その中でアメノウズメノミコトが踊りを披露すると、八百万の神々は一斉に笑いました。その笑い声を不思議に思ったアマテラスオオミカミが天岩戸から顔を出し、最終的には彼女が外へ出たことで、高天原も葦原中国にも明るさが戻ったのです。

猿田彦神社の特徴

猿田彦神社は、アメノウズメノミコトを祀る佐瑠女神社と一緒に建てられていることもあり、参拝すると芸能関係のご利益があります。

音楽、演劇、絵画、舞踊などを志している人や、出世してその道のトップとして活躍したい人が開運を祈願するのにぴったりの神社です。また、猿田彦神社の本殿にはサルタヒコノカミ(猿田彦大神)が祀られています。サルタヒコノカミは、高天原から葦原中国へと降り立とうとしたニニギノミコト(邇邇芸命)に道案内をした神様です。

ニニギノミコトを先導したという伝承から、交通安全や方位除け、人生を切り開く神様として崇められています。境内にある八角形の方位石は、刻まれた文字に触れると願いが叶うと言われており、観光客からの人気を集めています。

文字に触れる順番によって、仕事運や金運の向上、才能アップや人生における安定など、効果が変化するのも特徴です。

なお、アメノウズメノミコトはサルタヒコノカミの妻となり、「猿の女(さるのめ)」と呼ばれるようになりました。結婚して名を変えた最初の女性とされることから、猿田彦神社には縁結びのご利益もあります。

アクセス

住所:三重県伊勢市宇治浦田2-1-10
アクセス:JR東海・伊勢市駅、近鉄・宇治山田駅、近鉄・五十鈴川駅、各駅より車で約10分。三重交通バス・猿田彦神社前下車。
営業時間:9:00~17:00
オススメのお守り:佐瑠女神社芸能おまもり アメノウズメノミコトのご加護で、音楽や芸術、芸能関係の成功や上達を導いてくれるお守りです。

関連記事-こちらもどうぞ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加